アンチエイジングには2つの方法でアロエを摂取!

アロエエキスは保湿におすすめ

アンチエイジング効果を高めるために肌を保湿することが大切ですが、保湿成分の中で注目しているのが「アロエ」です。アロエは昔から医者いらずと言われるほど、民間療法に使われてきました。アロエに含まれる成分には、老化を引き起こしてしまう原因となってしまう活性酸素を除去する作用や美肌づくりに役立つコラーゲンの産生を促す働きがあり、肌の老化防止の面、つまりアンチエイジング効果が期待できるのです。

アロエの保湿成分は含まれている多糖類によるもので、紫外線で乾燥してしまった肌をケアするのに適していると言われています。紫外線による刺激を受けてしまった肌にハリや潤いを与えることができるので、肌のコンディションを改善させると共に、見た目の印象より若々しく見せてくれる効果が期待できます。実際の化粧品の中でアロエエキスが配合されている化粧品が多く販売されていますので、紫外線による肌刺激が多いと感じている人には特におススメしたいと言えます。

アロエを食べてアンチエイジング?!

アロエは化粧品などに使われることが多く、肌に塗って効果を発揮してくれるイメージですが、実はアロエを食べることでもアンチエイジング効果が期待でき、美肌効果を発揮することができます。食用で使用する場合は、アロエベアを使うのが苦味が少ないので良いです。

食べ方

  1. アロエのトゲの部分を切り落として皮をむいて、水で洗ってアクを取ります。
  2. 薄くスライスしてお刺身として頂きます。
  3. おろししょうゆやわさび、鰹節などとともに醤油をかけて食べます。

また、アロエはデザートにも活用できます。水で洗ってアクを取った後、細かいサイコロ状に切って、フルーツやヨーグルトにトッピングします。アロエの食感も楽しむことができるデザートとなり、ヨーグルトやフルーツと混ぜることで、ヨーグルトの乳酸菌やフルーツのビタミンも同時に摂取することができ、より肌に良い栄養素を効果的に摂取することにもつながります。アロエを切ったものを冷凍しておけば、そのままヨーグルトに入れるのもおススメです。

アロエの葉を5センチくらいに切って、トゲの部分を切り落として洗ったものを野菜やフルーツと一緒にミキサーにかけると、アロエジュースとして飲みながらアンチエイジング効果を得ることができます。砂糖やハチミツ、バナナを入れるとより飲みやすいアロエジュースになります。

アロエは化粧品に使われる成分としてだけでなく、食用としても活用することができるので、化粧品ケアとして外側から、食用として内側からアンチエイジング効果を摂り入れることができると言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:アロエを内側外側から摂り入れて効果アップ