まずはこの2つがおすすめ。赤ちゃんや幼児と一緒にアロマ生活

赤ちゃんと一緒にアロマテラピーを楽しむには

アロマオイルを使用したアロマテラピーは子供から大人まで年齢に関係なく誰にでも取り入れることができます。ですが、赤ちゃんや幼児にアロマオイルを使っても大丈夫なのか不安に思う人もいます。アロマオイルは香りが強いものもあるので、悪影響が出てしまうのではと心配にもなりますが注意するべきことを守れば、赤ちゃんや幼児に安心してアロマオイルを使用してアロマテラピーを一緒に楽しむことができます。

注意することとは、3歳未満の乳児や幼児には部屋にアロマオイルの香りを広げてその香りを嗅いで楽しむまでに留めておくことです。アロマオイルでマッサージをするなどは赤ちゃんや幼児の肌には刺激が強すぎてしまうので、一緒に香りを楽しむだけにしておき、1日中香りを嗅ぐことは避けて、15分から30分くらいの短い時間に抑えることです。赤ちゃんの嗅覚は大人よりも優れているので、アロマオイルの香りが強すぎてしまうので、一緒に楽しみたいなら短時間に香りを楽しむだけにするのが安全に赤ちゃんや幼児がアロマテラピーを楽しむ方法と言えます。

また、出産直後や授乳中にアロマオイルでアロマテラピーを行う場合は、ごくごく低濃度で用いるようにします。

赤ちゃんや幼児におススメのアロマオイル

赤ちゃんや幼児におススメのアロマオイルは「真正ラベンダー」「カモミール・ローマン」です。一方、ミント系や柑橘系のアロマオイルは刺激性があるので赤ちゃんや幼児に使わないようにします。具体的に挙げると、ペパーミント、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、シナモンなどです。

赤ちゃんや幼児にアロマテラピーを取り入れる場合は、注意点がありますが、それを守れば、親子で一緒にアロマテラピーを楽しむことができます。アロマオイルによるリラックス効果は、大人だけでなく赤ちゃんや幼児にも効果があります。注意点を守れば、赤ちゃんからアロマテラピーを取り入れることができます。体調などを考慮して、調子が良い時に少しずつ少量から短い時間に香りだけを楽しむだけでも、アロマテラピーのリラックス効果を十分に実感することができます。

大人がアロマテラピーを楽しむのと同じというわけにはいきませんが、優しい香りで親子一緒にアロマテラピーに慣れ親しむことで、より気持ちを落ち着かせ、ストレスを緩和することにもつなげてくれると言えます。よって、赤ちゃんから大人までアロマテラピーを取り入れることができることが分かります。赤ちゃんや幼児に使ってはいけないオイルに注意をして、赤ちゃんから使うことのできるオイルを活用すれば、安全にアロマテラピーを楽しむことができ、親子で心地良い時間を過ごすことができます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:赤ちゃんや幼児がアロマオイルを使うときに注意することを守れば安心して楽しめる