2種類のアロマブレンドで入眠効果アップ⁈

入眠効果にアロマテラピー

なかなか眠れなくて悩んでいたとき、薬を使用するのに抵抗を感じていたので、リラックスできる香りを嗅ぐことで入眠効果が期待できるアロマテラピーを取り入れてみることにしました。

  • ラベンダー

  • リラックス効果として有名なのがラベンダーなので、まずラベンダーから試してみました。ラベンダーの香りは正直苦手意識があったので最初の数日は辛かったですが、段々と嗅いでいくうちに慣れてきて、少しずつラベンダーの香りでリラックスできるようになりました。

  • マンダリン

  • リラックス効果というとラベンダーしか知らなかったのですが、ミカンの香りもリラックスできる効果があることを知りました。ミカンの中でもマンダリンの香りが寝つきの悪さを改善してくれる効果が期待できるとのことで、ラベンダーばかりだと正直飽きてしまうと感じたので、こちらも試してみました。

    マンダリンのような柑橘系の香りは、鼻に気持ちよく香りがスッと入っていき、より安心感を感じさせてくれる香りでした。柑橘系の香りは元々好みの香りだったこともあり、よりリラックスできると実感できました。マンダリンの香りでぐっすりとまではいきませんが、入眠時の習慣として取り入れることで、気持ちが落ち着くようになりました。

  • ミックス

  • アロマテラピーを独学で勉強してた友人から「ラベンダーと柑橘系の香りをミックスさせるのも良い」と勧められました。マンダリンにしてから、ラベンダーの精油が全然減らなくなってしまったので、組み合わせて使ってみることにしました。ラベンダーの花の香りとマンダリンの柑橘系の爽やかな香りが合わさることで、より穏やかで違った香りを楽しむことができます。マンダリンのような柑橘系の香りは、他の製油との相性も良いので1本持っておくと便利です。

    ラベンダーとマンダリン両方ともリラックス効果があるので、それらが合わさることでよりリラックス効果が高まり単体よりもよりリラックスしやすくなったと実感できました。

アロマでまずは気持ちをリラックス

眠れるようになるには、まず気持ちをリラックスさせることが大事です。深呼吸をしながら、香りを嗅ぐことで気持ちが落ち着いてきて、香りを楽しむことができるようになり、心からリラックスできることが少しずつ増えてきました。

アロマテラピーを取り入れたからといってすぐに眠れるといったものではありませんが、色々な香りを試したり、ブレンドしたりすることで自分に合った香りを見つけることがリラックス効果にもつながると言えます。寝る前にリラックスしたい人にはラベンダーやマンダリンなどの柑橘系の香りを嗅ぐ習慣を取り入れると、香りによって心地良い気分へと導いてくれ、睡眠へと促しやすくなると言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:眠れないときにはラベンダーとマンダリンなど柑橘系の香りが効果的