お湯にアロマを1滴。ハンカチを浸して瞼をじんわり温めましょう

眼精疲労におすすめアロマ

仕事でパソコンを使うことが多く、パソコンを見続けると目が疲れてきます。目の疲れがどんどん蓄積されてしまうと眼精疲労となり、目の疲れが取れにくくなってしまいます。また仕事以外でも、パソコンやスマートフォンなどの画面を見る機会も多く、ずっと目を酷使している状態である場合も多いです。そうなると眼精疲労のリスクをより高めてしまいます。そんな目の疲れや眼精疲労を解消へ導いてくれるのがアロマテラピーです。

目の疲れや眼精疲労に効果的なアロマオイルとして「ベルガモット」「ラベンダー」「レモン」「カモミール・ローマン」「マジョラム・スイート」「ユーカリ・シトリオドラ」が挙げられます。これらのアロマオイルには、リラックス効果や痛みの緩和に効果があるので、目の疲れや眼精疲労による頭痛や肩こりの痛みに効果的に働いてくれ、痛みを軽くしてくれる効果が期待できます。目が疲れてくると頭痛や肩こりで痛みが出て、それがストレスになってしまいます。そういった痛みを感じさせないような働きのあるアロマオイルを選ぶことで、目の疲れによる頭痛や肩こりの解消にもつながり、目の疲れを緩和してくれます。

特に、レモンは爽快感のあるみずみずしい香りで、気持ちもリフレッシュでき、目が疲れてきたときの気分転換に効果的でした。レモンはアロマオイルの香りとしても人気ですし、食品での使われる安心した香りなので安心して活用できます。ラベンダーは安眠効果が期待できるくらいリラックス作用があるので、香りを嗅ぐだけで痛みを鎮静させてくれます。

瞼にじんわり当ててください

手軽な方法として、洗面器やボウルに熱すぎない適温のお湯を入れて、鎮静作用のあるラベンダーのアロマオイルや気分転換におススメなレモンのアロマオイルなど好みのアロマオイルを1滴入れます。そこにハンカチやハンドタオルなどを浸して絞って、目を閉じて瞼に当てることで、瞼からジワジワと目の疲れが取れていくのを感じ、アロマオイルの香りでリラックスもできます。目が疲れてきたときに目をつぶると少し疲れが取れたような感覚がするように、それにアロマオイルの香りが加わることでより疲れに効果的に効きます。

また、程よく温まっていることで血行を良くしてくれます。目の疲れは血行が悪くなってしまうことも原因の1つです。血行が悪い状態が続いてしまうと頭痛や肩こり、ドライアイといった症状を引き起こします。温めて血の巡りを良くして、アロマオイルの香りでリラックスすることで、目の疲れの解消につながるのです。

アロマテラピーを取り入れることで、アロマオイルの香りで目の周りの血行を良くして、疲れをほぐしてあげ、香りで癒されることで、目の疲労感を緩和させてくれる効果を実感することができました。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:目の疲れに効果的なアロマオイルを利用したアロマテラピーで目の疲れや頭痛や肩こりを解消する