中性脂肪対策に、この2つのアロマオイルがおススメです

グレープフルーツの香りが中性脂肪減に効果あり⁈

アロマテラピーは香りを楽しむものですが、その香りが中性脂肪減少対策に効果があると注目されてます。中性脂肪は肝臓で作られることも、食事によって摂取されてしまうこともあって、知らず知らずのうちに体内に貯蔵されてしまいます。

アロマテラピーの香りを嗅ぐことで、中性脂肪の数値の減少につなげる効果が期待できるものがあります。習性脂肪減少対策に効果的なアロマとして、まず「グレープフルーツ」が挙げられます。気分をリフレッシュしてくれる香りで、柑橘系の中でも人気のある香りです。落ち込んでいる時に気持ちを前向きにしてくれる働きがあると言われていますが、それだけでなく身体のリンパ系に良い刺激を与えてくれるので、リンパの流れを良くして、むくみを解消して、利尿作用を促し体内浄化の働きがあり、中性脂肪を燃焼する働きにつなげてくれることが分かっています。

身体のリンパの流れをよくすることは、身体の中に不要な老廃物を溜めにくくしてくれます。さらに、グレープフルーツの香りの成分である「リモネン」には、交感神経を刺激して、血流を上げる作用や中性脂肪といった脂肪燃焼にも効果が期待できます。ハンカチなどに落してグレープフルーツの香りを携帯することで、リラックスやリフレッシュ効果と同時に食欲を抑制する働きもあるので、中性脂肪対策にはうってつけのアロマと言えます。グレープフルーツのアロマオイルをマッサージに使用して、中性脂肪が溜まりやすいお腹周りをマッサージすることで、刺激を与えることで、中性脂肪を溜めにくくし、ダイエット効果も期待できます。

中性脂肪は一度溜まってしまうと、なかなか減らすことができません。また、ストレスや暴飲暴食によってさらに中性脂肪を増やしてしまいます。そういった頑固な中性脂肪に、グレープフルーツのアロマオイルを用いたアロマテラピーを取り入れることで香りによって食欲を減退させる働きで暴飲暴食を抑制してくれます。

+マカデミアナッツオイルでより効果的に

グレープフルーツのアロマオイルでマッサージを行う場合、マカデミアナッツオイルと合わせることで、より中性脂肪減少に働きかけてくれます。

マカデミアナッツオイルは中性脂肪酸を下げて、血糖値を下げる効果があります。血糖値を下げることで脂肪の蓄積を防ぐことにもつながるので、マカデミアナッツオイルを合わせて、お腹周りに対するボディマッサージを行うと、中性脂肪減少に効果が期待できます。リラックスもできて、お腹に良い刺激を感じられて、食べすぎを抑えることができました。

中性脂肪を減少させることは健康にとって良いことなので、いつまでも健康でいるためにもグレープフルーツのアロマオイルでアロマテラピーを取り入れるのは有効であると言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:グレープフルーツのアロマオイルで中性脂肪を減少させて健康になる