2ステップで完成!アロマの香り漂うハンドクリーム

オリジナルハンドクリームの作り方

アロマテラピーの応用として、自分の好きな精油を加えてオリジナルのハンドクリームを作りました。無香料のハンドクリームを用意して、自分の好みの精油を混ぜることでオリジナルのアロマハンドクリームを製作することができます。

  1. 目安量として、ハンドクリーム小さじ1杯に対して精油を1滴垂らします

  2. スパチュラやアイスクリーム用のスプーンを使って混ぜればオリジナルハンドクリームの完成です

お店には売っていないような香りのハンドクリームを自分好みに作ることができ、ハンドクリームが活躍する時期に手肌の乾燥防止に取り入れると同時に香りでリラックス効果も期待できます。無香料のハンドクリームに色々な精油を混ぜることで、普段使っているハンドクリームでのケアが楽しくなります。自分好みの香りにすることで、ハンドクリームでケアしながら、気持ちをリフレッシュすることができるのでお勧めです。

ハンドクリーム+アロマの香りで様々な効果あり◎

また、寝る前にハンドクリームを手でよくすり込んで、その手で顔を覆って手に染み込んだ香りを吸い込むことでリラックスしながら眠ることができます。仕事柄、香りつきのハンドクリームが塗れなかったりする場合にはこの方法を取り入れています。リラックス効果のあるラベンダーやイランイラン、マンダリン、ローズなどを取り入れることで、より気持ちを落ち着かせ、リラックスすることができます。

アロマテラピーで使われている精油は、香りが人工的でなく天然由来のものが多く、香りの質も高いので、ハンドクリームなどケア商品に取り入れることで、より肌ケアに効果的なハンドクリームと変身します。

精油をそのまま嗅いだりするよりも、ハンドクリームを混ぜ合わせることで丁度良い香りとなり、鼻にも肌にも優しい香りとなります。精油の自然な香りとハンドクリームを混ぜることで、香り高いハンドクリームを作ることができ、香りでリラックスしながら、手肌のケアにも使える一石二鳥なアイテムとなるのです。

ハンドクリームにすることの1番の魅力と言えるのが、どこでも手軽にアロマテラピー効果を楽しむことができることです。特別な道具もいらず、ハンドクリームと精油があれば簡単に作ることができるうえに、ハンドクリームなので持ち運びもできます。

ちょっとリラックスしたい時や落ち着きたい時にアロマテラピーとしてハンドクリームを塗ることができ、お出かけ先でもアロマテラピーを体感することができるので、手軽にアロマテラピーを取り入れたい場合に、自分の好きな精油を入れたオリジナルのハンドクリームはお勧めアイテムと言えるのです。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:自分の好きな香りの精油を使用してオリジナルのハンドクリームを作成