4つの材料で簡単にできるハンドメイド化粧水

ハンドメイド化粧水の作り方

自宅で簡単にできるハンドメイドの化粧水についてかいていきたいと思います。

まずはスキンケアの基礎知識についてかいていきたいと思います。健康な皮膚は約28日間の周期で生まれ変わります。表皮は約20%の水分を含み、肌の潤いを保っていますが、これが10%を下回るとさまざまなトラブルが起こります。肌の保湿は健康な肌を維持するための基本と言えます。また、シミやシワ、皮膚がんなどの原因にもなる紫外線からの保護も、健康な皮膚を守るために重要です。日焼け止めや日傘、防止などで紫外線対策をしたいものです。そして、美しい肌を守るためにもっとも重要なのは、バランスの良い食事と十分な睡眠です。規則正しい生活を心がけましょう。

アロマで簡単にできる手作りスキンローション(化粧水)について、作り方は、
グリセリン(+アルコール)+精油+精製水、芳香蒸留水
でつくることができます。肌の保湿を目的としています。

タイプ別にスキンケアに適した精油の例を挙げていきます。

  • 普通肌:ゼラニウム、ネロリ、フランキンセンス、ラベンダー、ローズオットー、カモミール、ローマンなど
  • 敏感肌:ネロリ、ラベンダー、ローズオットー、カモミール・ローマンなど

  • 脂整肌:ゼラニウム、ネロリ、ローズマリーなど

  • 乾燥肌:カモミール・ローマン、ネロリ、ローズオットー、サンダルウッドなど

肌のタイプによって、あう精油も違いがあるので、あう精油で、化粧水を作ることをおすすめします。

 注意点は…

化粧水を作る上で、注意したほうがいいことは、

  1. 精油の希釈濃度は1%以下にし、フェイス用はごく低い濃度から初めて様子をみてください。

  2. 次に使用前にパッチテストをすることをおすすめします。使用した時に異常を感じた時には、ただきに使用を中止して、必要に応じては皮膚科を受信してください。

  3. また、作成してから、長期間保存するときには、精油による劣化を防ぐために、ポリエチレン製ではなくてガラス製の容器を使用してください。できれば遮光せいのものをおすすめします。

保存方法は、少量ずつ作って、冷暗所で保存して、できるだけ早く使い切ってください。めやすとしては、1~2週間で使い切ることをおすすめします。手作りスキンケア用品というのは、自己責任が原則となっています。作成日を明らかにして、自己管理を徹底してください。以上ハンドメイドの化粧品に関しては注意が必要になってくるので、これをふまえたうえで作ってみてください。

投稿者:美容ライター真理
記事の概要:グリセリン 精油 精製水