1日中は引きずらない!二日酔いにおすすめのアロマです

まずは芳香浴で手軽にデトックス

お酒を飲みすぎてしまって二日酔いになってしまった、そんな飲みすぎによる不快な症状を緩和してくれるのがアロマテラピーです。お酒を多く飲む機会があり、二日酔いに悩まされている人におススメしたいです。

二日酔いにおススメなアロマオイルには、軽い二日酔いなら「レモン」が良いです。他にも「ローズマリー」「ラベンダー」が挙げられます。

二日酔いの状態でも行える方法として、香りを感じて効果を得る「芳香浴」があります。ローズマリーやレモンにペパーミントをそれぞれ1滴すぐティッシュやハンカチに垂らして、その香りを嗅ぎながらゆっくりと深呼吸をするだけです。特別な道具も要らず、最も手軽にアロマテラピーを取り入れられる方法です。

二日酔いの症状を緩和させてくれるアロマオイルには、毒素を排出す働きとアルコール分解を促進する働きがあり、二日酔いの症状として出る頭痛にも効果があります。

マッサージも効果的

芳香浴だけでも二日酔いの不快な症状を緩和することができますが、マッサージをすることでより症状を緩和することにつなげてくれます。二日酔いに効果のあるアロマオイルを2滴をホホバオイル10mlで薄めたものを作り、これで首や肩をマッサージすることで血行を良くして、不快な少々を軽くしてくれます。マッサージに使いたいアロマオイルとして、スイートマジョラム、ローマンカモミール、グレープフルーツが挙げられます。胃を守りつつ、余分な体液を排出してくれる効果が期待できます。

二日酔いによる吐き気にはペパーミントのような爽快感のある香りがおススメです。胃のムカムカや吐き気による不快な症状をミントの香りで和らげてくれました。目が覚めるようなスッキリとした香りで、二日酔いの不快な症状を長引かせずに済みました。

また二日酔いによる頭痛やむくみは、血行不良が原因です。アロマオイルで血行を良くすることで、症状の緩和を進めてくれます。血行が良くなって身体が温まると、むくんでパンパンとなった身体を柔らかくしてくれ、ズキズキとする痛みの頭痛も和らいでくれます。

二日酔いの朝は不快な症状に1日引きずられてしまいがちですが、アロマオイルの香りを嗅いだりマッサージを行うことで、不快感を1日中引きずることなく、症状の緩和を早めてくれます。また、アロマオイルで香りを嗅ぐことで気持ちをスッキリ目覚めさせてくれ、軽い二日酔いなら香りを嗅ぐだけで症状が軽くなることもあります。お酒を飲む機会が多い人や飲み会シーズンの時にこのアロマテラピーの方法を知っておくと良いです。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:二日酔いの症状を緩和する働きのあるアロマオイルの香りで二日酔いを解消