頑固なかかとのガサガサは7つのアロマオイルで解消

足湯やお風呂に+アロマオイルで、かかとの角質対策!

かかとのガサガサが気になり、クリームを塗り続けてもなかなか効果が出なくて悩んでいる人に、アロマテラピーを取り入れるのをおススメします。アロマオイルを使ったアロマテラピーを活用して、かかとのガサガサを解消し、ツルツルな滑らかかかとへと導いてくれます。

かかとの角質を改善したい場合のアロマオイルの選び方は、皮膚を柔らかくしてくれる働きを持つオイルを選びます。具体的なものとして「ローズマリー」「カモミール」「フランキンセンス」「ゼラニウム」「ラベンダー」「ベンゾイン」「ローズ」が挙げられます。これらのオイルは保湿作用や皮膚を柔らかくしてくれる作用が期待できるので、かかとの保湿や角質を柔らかく柔軟に保ってくれる効果が期待できます。

かかとの角質をオイルで柔らかくすることで、ガサガサな状態を徐々に改善することにつなげます。これらのアロマオイルを、洗面器のお湯に1滴から3滴加えて、足湯を行います。お湯だけの足湯よりも血行が良くなり、足裏やかかとの角質を柔軟にして、効果をアップさせてます。入浴時に浴槽に1滴から5滴ほどアロマオイルを加えて入浴するのも皮膚を柔らかくしてくれるのに効果的です。角質を柔らかくしてくれるだけでなく、アロマオイルによる香りでリラックス効果も期待できます。特にラベンダー、カモミール、ローズは人気のある香りなので、香りで癒されながらケアを行いたい場合におススメのアロマオイルです。

アロマオイルマッサージも効果的です

足湯やお風呂に入れるだけでなく、かかとをマッサージするのにアロマオイルを使って、角質を柔らかくするのも効果的です。マッサージの際は、アロマオイル単体ではなく、植物油のホホバオイルなどで薄めて使います。植物油で薄めて使うことで皮膚組織の奥深くまでアロマオイルの有効成分や角質を柔らかくしてくれる作用をより浸透させてくれます。リンパをマッサージする感じで行うと、血行が促進され、ガチガチな角質がしっとりと滑らかに改善してくれます。

アロマオイルによって、かかとや足裏の角質に水分を補給することができます。かかとのガサガサは保湿不足によって引き起こされます。角質に水分を与えてあげることで柔らかくして、それを続けていくことでかかとの角質に水分を保持することができ、潤いを保てるようになります。クリームを塗っただけではかかとのガサガサ改善させなかったのが、アロマオイルを使ったアロマテラピーを取り入れることで、オイルが頑固なかかとの角質に入り込んでいくのを実感でき、毎日続けることでかかとのガサガサが減って、ストッキングをはくときもスルッと通るようになるという嬉しい効果を感じることができました。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:かかとのガサガサを柔らかくしてくれるアロマオイルで足湯や入浴、マッサージをすることで改善