腸内改善にアロマ⁈こちらがおすすめ7選です

おなかの調子を整えるアロマ⁈

下痢がなかなか治らなかったり、下痢がずっと続いて不安になったときに、アロマテラピーを取り入れて、リラックス効果を高めることで下痢を改善へとつなげてくれます。

アロマオイルをティッシュなどに1~2滴垂らして枕元に置いたり、アロマオイルでマッサージをしてリンパの流れを良くしたり、お風呂にアロマオイルを数滴落して入浴しながら鼻と皮膚にアロマオイルの成分を取り入れて、下痢を改善へと導きます。温めたタオルにアロマオイルを垂らしてお腹に当てて温めると、香りによって症状を緩和させてくれます。

まずはこちらをお試しください

下痢改善に効果のあるアロマオイルとして、「ラベンダー」「ゼラニウム」「カモミール」「ペパーミント」「レモン」[ベルガモット」「バジル」が店舗でも比較的手に入りやすく、誰もが受け入れやすい香りとしてお勧めです。

これらのアロマオイルは、リラックス効果や気持ちを落ち着かせる効果、不安を和らげて、鎮静させます。また心を明るく高揚させる効果があるので、ストレスによって引き起こされる下痢の改善に高い効果が期待できます。

気持ちが落ち着かなかったり、イライラすると、腸内環境はその変化に敏感に感じとって、下痢の原因となる悪玉菌が増えていき、その結果下痢を引き起こし、下痢が続いてしまうといった症状へとつながってしまいます。特に、ストレスによる下痢はストレスの元凶を取り除ければ良いですが、ストレスを取り除くのはなかなか難しいです。

そこで、アロマテラピーを行って香りで気持ちを落ち着かせ、アロマオイルで身体をマッサージをして流れを良くし、香りを嗅いでリラックスすることで、ストレスでモヤモヤとした気持ちや怒りの感情を鎮めて落ち着かせてくれます。

下痢になってしまうということは腸内環境が良くない状態でもあるので、アロマテラピーに使うアロマオイルの香りによってリラックスさせて気持ちを落ち着かせて、腸内環境を整えることが下痢改善に効果があります。

薬のように身体の負担などの心配もなく、薬に頼らなくてもアロマテラピーで下痢を改善することにつなげてくれます。ストレスを感じてしまうと下痢になってしまいやすい時に、ハンカチなどにアロマオイルを垂らして、ストレスで気持ちが乱れてしまった時にそのハンカチで鼻から香りを感じることで、気持ちが落ち着くので、お腹の調子が乱れたりすることが少なくなりました。

下痢になりやすい人は気持ちを落ち着かせる効果的なアロマオイルを知っておくことで、症状を緩和させ、下痢の辛さを減らすことにもつながると言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:アロマオイルを使用したアロマテラピーで気持ちを落ち着かせて下痢を緩和させる