2つのオイルで作る・おすすめマッサージオイルのあれこれ

キャリアオイルとは?

アロマオイルを手足などのマッサージに使ったアロマテラピーは、気分転換やリフレッシュにもつながりお勧めです。マッサージの時に、アロマオイルをそのまま付けるよりも、マッサージオイルとして、アロマオイルとキャリアオイルを混ぜたものを、肌に塗ると、キャリアオイルに含まれている効果との相乗効果でより身体に良い効果を促してくれます。

キャリアオイルと言うのは、アロマオイルを希釈する用のオイルのことです。マッサージオイルのベースとなります。ホホバオイルやスイートアーモンドオイルがお勧めです。特に、ホホバオイルは付け心地も良く、伸びも良いのでマッサージオイルとして特にお勧めです。

マッサージオイルの作り方と使い方

マッサージオイルの作り方は、アロマオイルをキャリアオイルに混ぜ、濃度が1%以下になるように作ります。アロマオイル1滴がおよそ0.05mlなので、アロマオイルを2滴入れてキャリアオイル10mlにすると1%以下にすることがができます。

マッサージ方法は、手の平の温度でオイルを温めてから使用します。オイルを温めることでより肌へなじみやすくしてくれます。腕や足、背中や腰などに薄く伸ばすように、力を入れすぎないよう軽い力でマッサージするようにします。

おすすめは入浴後

特にアロマオイルの成分を有効に活用させるなら入浴後にアロマオイルマッサージを使ったアロマテラピーを取り入れるのがお勧めです。入浴後は血行が良くなっている状態なので、むくみや冷えなどの改善により高い効果が期待できます。

足がむくんだり、冷えたりしやすいので、入浴後に足をオイルマッサージをすると足のむくみが取れて、すっきりするのを実感できます。また、冷えも改善されて、入浴してもしばらく経つとまた冷えてしまいますが、オイルマッサージを行うと、ポカポカした状態が長い時間続くので、冷えで悩んでいる人にアロマオイルマッサージによるアロマテラピーは是非おススメしたいです。

アロマオイルを自分の好みの香りを選ぶと、マッサージするのが楽しくなり、心地良いリラックスした時間となり、より癒しの時間となります。アロマオイルの香りを感じながら、身体をマッサージすることで体全体が温まり、血行が良くなって気持ちが落ち着き、安心するような感覚があります。

アロマオイルを使用したアロマテラピーには色々な方法がありますが、アロマオイルとホホバオイルやアーモンドオイルなどを一緒に混ぜて、マッサージオイルを作って適量を肌に優しくマッサージするだけでなので、手軽に行えるアロマテラピーと言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:アロマオイルとキャリアオイルでマッサージオイルを作ってむくみや冷えを改善する