カビ対策に効果的。6つのアロマオイルを使い分け。

カビ対策に効果的

アロマテラピーは掃除に応用できます。特にカビ対策に効果的です。梅雨の時期や湿気が多い時期などカビが最も多く繁殖するシーズンに活用できます。市販の防カビグッズは身体や肌に刺激が強い成分が入っていたり、臭いがキツイのが気になる人も多いです。カビ掃除をすると臭いで頭が痛くなったりすることもあります。

そういった時にこそ、アロマオイルを使ったアロマテラピーを取り入れることで、自然由来の香りで安心してカビ対策を行うことができます。防カビグッズのキツイ臭いに悩まされることなく、小さいお子様がいる家庭でも安全に掃除ができるのが1番のメリットと言えます。

防カビ、除菌効果が期待できるアロマオイル

  • ティートリー
    殺菌、抗菌、抗カビ作用に優れています。スッキリとした香りが特徴ですが、単体で使うと香りがキツイと感じてしまう場合もあります。なので、オレンジやグレープフルーツといった柑橘系をブレンドして使用するとより使いやすくなります。

  • ユーカリ・グロブルス
    こちらも殺菌、抗菌作用が期待できます。頭がスッキリするような刺激的で爽快感のある香りが特徴で、掃除をしながら気分をリフレッシュさせてくれます。

  • ラベンダー
    殺菌、抗菌作用はもちろんですが、安全性も高く、敏感肌の方でも使いやすいので、洗剤などで肌が荒れやすくて心配な方におススメしたいアロマオイルです。香りが穏やかなので家庭に1つ置いておくと重宝します。

  • ペパーミント
    抗菌作用が期待できます。親しみやすい香りなのでキッチンのカビ対策におススメです。ペパーミントは食品としても使われるので、台所のカビ対策に取り入れると香りも気にならず、食品を扱う台所でも安心して使えます。冷却作用があるので、ジメジメした時期の掃除に活用することで、体感温度を下げてくれ、掃除が楽になります。

  • レモン
    抗菌作用に優れています。それにプラスして空気清浄作用にも効果があります。レモンも多くの人に好まれる香りです。抗菌スプレーとして取り入れるとカビ対策としてだけでなく、家中の掃除に活用することができます。

スプレーを作って手軽に活用

これらのアロマオイルを防カビ対策として、おススメする活用方法は、スプレーを作っておいてお風呂やキッチンなどの気になるところにひと吹きするのが手軽に行えます。スプレー容器に無水エタノール10mlを入れて、好みのアロマオイルを12滴加えて軽く混ぜ、精製水を20ml入れて蓋をして完成です。キッチンならペパーミントやレモン、お風呂ならティートリーやユーカリ、ラベンダーというように使い分けするのもおススメです。

カビ対策は掃除の中でも大変なことの1つです。カビ防止グッズは肌や身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性がありますが、アロマオイルなら心地よい香りに包まれながらカビ対策を行え、成分も自然由来なので安心で安全なのでカビ対策が大変だという人にアロマオイルを活用するのはおススメです。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:お風呂やキッチンのカビ対策にアロマオイルを活用する