ハンカチに1滴のアロマオイルで夏バテ解消⁈

夏バテの不快感や憂鬱さを解消するのに、アロマオイルを活用しアロマテラピーを取り入れることがお勧めです。自然由来のアロマオイルを使用することで、夏バテ特有のだるさを解消し、リラックス効果を実感できます。

食欲不振

まず、夏バテになると食欲不振に陥ることが多いです。アロマテラピーに使うアロマオイルには食欲不振を解消し、食欲を増進させてくれる働きが期待できる香りがあります。

夏バテで食欲がない時に取り入れたいアロマオイルの香りとして、「レモン」「グレープフルーツ」「オレンジ」「ペパーミント」が挙げられます。これらはお店で手に入りやすいものであり、万人受けする香りです。どの香りも爽やかでスッキリとした香りが特徴なので、香りを嗅ぐことで気持ちをリフレッシュさせ、夏バテの倦怠感やだるさを解消してくれるので、食欲不振を改善する効果も期待できます。

集中力ややる気の低下

夏バテ解消だけでなく、暑さによって集中力ややる気が低下している時にもアロマテラピーは効果的です。暑さによる集中力ややる気の低下を改善してくれるアロマオイルの香りして「ペパーミント」「ローズマリー」が挙げられます。暑さによる不快感にはフレッシュで目が覚めるような香りのペパーミントやフレッシュで爽やかなローズマリーがお勧めです。精神的な疲労も和らげ、刺激を与えて気分を引き締めてくれるので、暑さによる気力の低下に効果的に働き、気持ちを切り替えてリフレッシュすることがで期待できます。

エアコンによる冷えや頭痛

エアコンによる冷えや頭痛にも悩まされます。そういった場合には、「ジュニパーベリー」「シナモン」がお勧めです。

これらの香りには、血行を促進し、血圧を安定させる働きがあるので、血行が悪くなることで冷えてしまうのを改善し、血行を良くして体温を上げてくれます。疲労回復の効果も期待できます。

熱帯夜による寝不足

暑苦しくて眠れない夜には「ラベンダー」がお勧めです。ラベンダーは睡眠不足全般に効果があるので、暑くてなかなか寝付けない夜や、熱帯夜による寝不足にも効果的に働き、心地良い睡眠へと導いてくれます。

簡単な使用方法

夏バテや暑さ、エアコンによる冷え、熱帯夜による寝不足など悩みの症状に合わせてアロマオイルをチョイスして、ハンカチに1滴垂らして香りを嗅ぐように深呼吸するのが一番手軽にアロマテラピーを取り入れられる方法です。ハンカチなら、持ち運びもできますし、外出先でも香りを楽しむことができます。

お湯を入れたマグカップに1滴垂らしてそこから出る蒸気から香りを楽しむのも効果的です。

夏の不快な症状やだるさで気力が低下しがちな場合に、自然な香りで心身をリラックスさせてくれるアロマオイルは優れた自然療法であると言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:夏バテに効果的なアロマオイルを取り入れたアロマテラピーで夏バテ改善