おすすめオイルはこちらの2つ。簡単で癒されるアロママッサージ

トリートメント法とは?

簡単にできるアロマのトリートメント法に関してかいていきたいと思います。

トリートメント法というのは、人間同士の触れ合いが希薄になる現代社会で、香りや接触の心地よさを通して癒しの感覚を与えてくれます。アロマテラピーでは精油を植物油で希釈したものをトリートメントオイルとよび、体への湿布用やトリートメント用の使用をします。トリートメントオイルを作製する際の第一ポイントは希釈濃度です。必ず正しく作ってください。これさえ守れば、トリートメント法に難しい技術は必要ありません。トリートメントオイルをやさしく皮膚に湿布していけばよいのです。また、植物油だけでトリートメントをすることも可能です。

トリートメントオイルの作り方に関して

トリートメントオイルとは、精油を植物油で希釈したオイルのことです。精油を直接肌につけることはできません。必ず植物油で希釈して使いましょう。

  1. 植物油を計ります。

  2. 希釈濃度を基準に植物油の量に対する精油の滴数をわりだします。

  3. 目的に合わせて、精油を選んでいきます。

  4. 精油を、希釈濃度で計算した滴数落としていきます。

作ったトリートメントオイルの使い方は、用意したトリートメントオイルを手に適量とり、トリートメントしたい部分に薄くのばします。途中で手のひらや指がすべりにくくなったら、オイルを足していってください。

この際の注意点としては、トリートメントを行って、かゆみや炎症など皮膚にトラブルが生じてきた場合には使用を中止し、皮膚の上のオイルを大量の水で洗い流して、しばらく様子をみます。さらに必要があれば皮膚科の診察をうけたほうがいいです。

次にトリートメントオイルでマッサージをする際に、安全な方法は、前もってパッチテストを行うことです。希釈濃度にしたがったトリートメントオイルを、前腕部の内側に適量塗り、24~48時間放置します。皮膚にかゆみや炎症などの異常がでないか確認します。異常がでた場合はすぐに水で洗い流してください。異常がでなかったら、そのまま、そのオイルでマッサージができます。

おすすめのオイルとしては、スイートアーモンドオイル、ホホバオイルがおすすめです。しかし、スイートアーモンドオイルの場合は、ナッツなので、ナッツアレルギーがある方は使用をやめてください。炎症がおこってしまう場合があります。

オイルでのマッサージはすごく癒されますし、疲れもとれます。簡単にできるのでぜひやってみてください。

投稿者:美容ライター真理
記事の概要:簡単にできるトリートメント法