アロマ生活10年以上!そんな私のおすすめ方法

就寝時にも、朝の掃除にも

アロマテラピーに魅了されてから、かれこれ十年以上。わたしにとってアロマはいつも身近にあり、無くてはならない存在です。

就寝時の芳香浴は必須で、私はアロマランプを使用してその日の気分や、体調にあったアロマオイルを選んで一日の疲れを癒します。その、オイルを選んでいる過程もまた楽しくて選んだオイルによって、「あ、私は今日はこのオイルを選んだということは、きっとこういう気分なんだろうな」などと、逆に自分の気分や、体調を知れたりもしています。

また、朝のお掃除で雑巾がけをする際は、ミントやレモンなどの浄化作用のあるオイルを雑巾に一滴ほど垂らしたり、お掃除のあとにアロマオイルを焚いてさらに浄化力のアップを狙ったりもしています。

オリジナルアロマをハンドメイドで

時にはハンドメイドもしています。基本的には手のこんだものは作っていないのですが、薬局で売っているオリブ油やグリセリンアロマオイルを数滴混ぜてオリジナルのオイルや化粧水を作ったり。時々気が向くと、ミツロウやオイルを準備してクリームも作ったりしています。できたものを使う喜びももちろんあるけれど、作っている過程で家中に香りが漂うのが最高のひとときで、それももまたハンドメイドの醍醐味です。夫も「アロマで何か作ってるの?」と興味津々だったりするんですよ。

そんな夫には、作ったオリジナルのオイルでアロマのお教室で習ったハンドマッサージを時々しています。また私自身にもハンドマッサージや肩凝りが気になるときはオイルで肩や首のマッサージもしています。なんといっても香りがいいので心から癒されます。

こっそり教える簡単な芳香剤の作り方

あと簡単でとっておきな芳香剤!よくケーキやデパ地下などでお惣菜を買うと貰える保冷剤、ありますよね。あれを使わないカップなどに入れてアロマオイルを数滴垂らしてかき混ぜれば、簡単な芳香剤の出来上がりです。あまり日持ちはしませんが、芳香剤がなくて買いに行く時間もない時や、保冷剤がたくさんたまってしまった時などにもオススメです。

アロマ好きな私なので、市販の化粧品類を購入するときもアロマオイルが配合されているとつい、手に取ってしまいます。これからもきっと私にとってアロマテラピーは無くてはならない存在であることは間違いないと同時に、これまで以上に、色んな使い方で幅広くアロマを楽しみたいなと思っています。アロマショップの店員さんや、アロマのお教室の先生、アロマに携わっている方って皆、穏やかで素敵な雰囲気の方ばかりで。私もアロマの力を借りて、そんな素敵な女性に少しでも近づきたいと思っている今日この頃です。

投稿者:美容ライター満里奈
記事の概要:アロマを取り入れた生活を始めてからの十数年。アロマの恩恵を様々なかたちで受けています