38~40℃のぬるめの湯で、身体を芯から温めアンチエイジング

冷えはアンチエイジング効果の天敵です

アンチエイジング効果を得るためには、冷やさないことが大切です。身体が冷えてしまうと、体中を循環している血液の流れが悪くなってしまい、細胞が十分な酸素や栄養を吸収することができなくなり、老廃物を排出させる作用も低下してしまいます。そうなると、新しい細胞に生まれかわることができずに、老廃物を溜まったまま肌老化が進んでしまいます。

肌老化を抑制するためには肌をターンオーバーさせることが必要なのですが、これができなくなると肌のハリや潤いが失われ、シワが増えてしまうといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。身体が冷えてしまうと肌のターンオーバーがうまくできなくなってしまうので、肌トラブルが起こりやすくなり、肌老化へとつながってしまうので、冷えはアンチエイジング効果を邪魔してしまうのです。

湯船に浸かる習慣を!

身体を温める対策として最も手軽に取り入れられるのが「入浴」です。毎日湯船にしっかり浸かることで、身体を温め、冷えを改善してくれます。シャワーだけだと身体を芯から温めることはできません。

入浴時に湯船に浸かることで汗をかきやすくしてくれます。汗をかくことによって解毒効果を得ることができるので、身体の血の巡りと血行を良くして身体を芯からしっかりと温めてくれます。お湯の温度は38度から40度くらいの少しぬるいと感じるくらいの温度のお湯にじっくり浸かります。汗が出るくらいしっかり時間をかけて浸かることでお風呂から出ても身体が冷えにくくなります。

より芯から身体を温める入浴のポイントとして、下半身を先に温めるようにし、最初から肩まで浸からないことです。手足が温まる前に上半身が先に温まってしまうので、汗が出るまでしっかり浸かることができなくなってしまうからです。身体をしっかり温めるには、手足を先に温めてから肩まで浸かり、冷えやすい末端部分までしっかり温めて上げることで、長い時間浸かっていられるようになります。

芯から温めることで、身体の血の巡りを良くし、肌のコンディションを向上させてくれます。血の巡りが良くなると、肌トラブルが起こりにくくなり、刺激にも強くなります。シミやシワといった肌の悩みを改善を手助けしてくれます。

入浴方法を工夫するだけで、身体を温めてくれ、肌トラブルに強い肌質へと改善してくれます。身体を温める入浴方法を取り入れることで、アンチエイジング効果を高めてくれます。入浴は毎日行うことなので、普段シャワーで済ましていたのを湯船に浸かる習慣をつけることで身体の血の巡りを良くして、肌のアンチエイジング効果へとつなげて、いつまでも若々しい肌を保つことができると言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:湯船に浸かってアンチエイジング効果アップ