1日半分のにんじんで、アンチエイジング効果大

にんじんは、肌の老化を抑制する美肌の元!

アンチエイジング効果を引き出してくれる身近な食材として「にんじん」が挙げられます。にんじんは毎日の食卓に上がることの多い食材です。にんじんを使った食事メニューを意識的に取り入れることで、アンチエイジング効果を得られやすくしてくれます。にんじんは肌の老化を引き起こしてしまう原因となる活性酸素を防いで、肌の老化を抑制する美肌の元と言われる食材です。

にんじんにはβーカロテン、ビタミンA、カリウム、食物繊維などの豊富な栄養素が含まれていて、βーカロテンは体内に入るとビタミンAとなりますが、このビタミンAは強い抗酸化作用をもっています。

紫外線や排気ガス、添加物などの影響により体内に増えてしまう活性酸素を抑える働きがあり、肌の酸化を食い止めてくれます。酸化してしまうことでシミやシワを作ってしまい、肌の老化を進めてしまいますが、そうした老化を抑えるためにビタミンAを摂取して、酸化させない肌づくりを行うことがアンチエイジング効果を得るために大切なことです。ビタミンAは活性酸素を取り除いて、肌や皮膚、粘膜に直接潤いを与えてくれる役割も持っています。

特に肌が乾燥してしまうと肌トラブルが引き起こしやすくなってしまいますので、乾燥肌が気になる人はにんじんを積極的に食べるのがおススメです。

おすすめの食べ方は?

にんじんのビタミンAを効果的に摂取する方法は、油と一緒に調理することです。にんじんに含まれるビタミンAは脂溶性のビタミンなので、熱を加えて油と一緒に摂取されることで、生のままよりもビタミンAを効果的に摂取でき発揮してくれます。炒め物にしたり、スープの具材として入れたりするのが良いです。

その中でもおススメなのがニンジンスープです。スープにすることでよりニンジンを摂取しやすくなります。ニンジンとたまねぎを炒めて水を入れます。そこにコンソメを入れて煮込み、塩コショウで味を整えたら完成です。オリーブオイルを最後に加えてビタミンAの吸収を良くします。

ニンジンマリネもおススメのメニューです。さっぱりとした味で食べやすいです。スライスしたニンジンをワインビネガー、塩、オリーブオイルで合えるだけととても簡単に作れます。

アンチエイジング効果を得るにはどのくらいの量食べれば良いのか気になりますが、にんじんの摂取量はにんじん半分程度の量で構いません。この量なら炒めてもスープにしても毎日無理なく続けられる摂取量と言えます。アンチエイジング効果が期待できるにんじんを毎日意識的に摂り入れることで、肌のコンディションを上げて、イキイキとした肌へと変えていくことができます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:にんじんを食べアンチエイジング効果アップ