4ステップで正しい洗顔完全マスター!

思春期ニキビ&オイリー肌対策に

私は、今まで肌のトラブルが多く、悩まされていました。具体的には、思春期ニキビや、オイリー肌などです。

まだ学生というのもあり、周りの目も気になるので、尚更嫌でした。赤ニキビや白ニキビが、頬周りや鼻、おでこに多くでき、元々の体質と、毎日部活で運動していたのもあり、Tゾーンのテカリが目立っていました。そこで、自分なりにインターネットや雑誌などで、この二つの悩みを解決できる方法を探りました。

今まで私は、洗顔の際にとりあえず適当な量をとり、手に広げて一気にゴシゴシと洗っていました。同じようにされいている方も結構多いのではないかと思います。ですが、正しい洗顔方法にはもっと細かいルールがあったのです!

正しい洗顔方法

  1. 洗顔料を取る
    多すぎても少なすぎてもいけません。
    それぞれ、基本的には洗顔料の裏などに、適正量が記載されていると思います。
    「1cm程度」や「マスカット大」などです。
    それは、メーカーや種類によってもまちまちなので、是非一度確認されてみてください。
  2. 泡だてる
    手に取った洗顔料を、そのまま直に顔に塗ってはいけません。
    手、または泡だてネットで、しっかりと泡を立てる必要があります。
    そうすることで、きめ細やかな泡であるほど毛穴一つ一つにしっかり浸透するからです。
  3. 洗顔する
    私は、この作業が最も大事なのではないかと思い、一番意識して行なっています。
    一気に顔全体に塗ると、オイリーな部分はそのままに、肌の乾燥、パサつきなどが起こります。
    それは、同じ顔でも部位によって油分量の違い、皮膚の薄さが違っているからです。
    順番は…

    1. おでこ
      おでこは、油分量が多い上に皮膚が厚いからです。
      ニキビもできやすいところですし、いつも丁寧にしっかり洗っています。
    2. 鼻&顎
      鼻、アゴもおでこ同様、油分が多くニキビになりやすいからです。
    3. 頬と目の周り
      頬と目の周りは、皮膚も薄いですし、何より乾燥しやすいからです。
      ここを先に洗ってしまうことによって、乾燥やパサつきが起こります。
      これは、乾燥肌の方にも有効なのではないでしょうか!
  4. ぬるま湯で流す
    私はいつも、この後に水で洗浄して毛穴を引き締めています。
    そうすることで、せっかく洗ったのにまた同じとこにニキビが・・・という事態が減りました!

洗顔後の化粧水も欠かさないようにしています。私はオイリー肌なので、さっぱりする、専用の化粧水を使っています。このような洗顔方法を続け、3ヶ月後には、ほとんどのニキビが治っていました。肌質も、今では昔ほど酷くはありません。何も、無理して高価な洗顔や美容液を買う必要はないのです。方法一つで、変われるのだと気づきました。

投稿者:美容ライターねね
記事の概要:洗顔方法を変えただけで、ニキビが治った。