カカオ70%以上の板チョコ半分を摂取してアンチエイジング効果アップ

カカオポリフェノールの素敵な力

チョコレートに含まれている「カカオポリフェノール」はアンチエイジングに効果的な栄養素です。カカオポリフェノールはカカオに含まれている栄養素のことで、その中にはミネラル、食物繊維、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウムなど様々な栄養素が含まれています。

カカオポリフェノールはここ近年注目されている成分であり、カカオポリフェノールが多く含まれているチョコレートも販売されています。カカオポリフェノールが注目されている理由として、アンチエイジング効果があることにあります。肌の老化が気になる人やアンチエイジングに興味のある人にはカカオポリフェノールがおススメです。

カカオポリフェノールはアンチエイジングの大敵とも言われている活性酸素を除去する力があります。活性酸素は細胞を酸化させてしまうので、シミやしわ、たるみ、乾燥といった肌トラブルの原因となってしまうものです。もともと体内には活性酸素を除去する作用が備わっていますが、それは20代後半をピークに衰え始めてしまうと言われています。年齢を重ねると活性酸素の除去できる力が弱くなってしまうので、細胞が酸化され続けてしまい、肌老化をどんどん進めてしまいます。活性酸素の除去をするために、カカオポリフェノールが多く含まれているチョコレートを摂取して、老化の大敵である活性酸素をやっつけて、健やかな肌を維持できるような環境へと導いてあげることがアンチエイジング効果を得るために大切です。

カカオポリフェノールは紫外線ダメージを受けてしまった肌に対する回復力が高いと言われています。皮膚を修復する効果があるといったデータもあるくらいです。紫外線による肌の炎症を回復させたり、肌の血行を促進させて肌のキメを整えてくれます。皮膚を厚くし、保水力をアップさせてくれる作用も期待できます。紫外線を浴びると肌トラブルを引き起こしやすくなり、肌老化を進めてしまうことにもつながってしまいます。ですが、紫外線を完全に浴びないと言うのは無理な話なので、紫外線にさらされてしまった肌をチョコレートを摂取することで身体の内側から紫外線ケアをして、肌老化を遅らせることで、アンチエイジング効果を得られると言えます。

おすすめの食べ方は…

アンチエイジング効果を得るチョコレートの食べ方として、カカオポリフェノールが70%以上のものを1日板チョコ半分くらい少しずつ食べるのがベストです。チョコレートは太るといったイメージが強い食材ですが、最も太りにくいと言われている時間帯午後3時前後に食べると太りにくいので安心して食べることができます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:カカオ70%以上のチョコでより効果アップ