40代→30代⁈チョコレートと散歩で脅威の若返り!!

チョコレートでアンチエイジング⁈

アンチエイジングの要諦は、坑酸化にあることが、ライフサイエンスの進歩でだんだんと明らかになって来ています。つまり身体を酸化させないことが老化を遅らせることに他なりません。それで私が心がけていることは、坑酸化作用のある食べ物を適量摂取することです。

そのためには、サプリのようなものではなく、出来れば自分の好きな食べ物がいいと考えました。調べてみると、チョコレートに含まれている、ポリフェノールに強い坑酸化作用があることが分かりました。

余談ながら今でこそ、製菓メーカーがチョコレートにアンチエイジング効果があることを宣伝し、ポリフェノール含有量を製品名にしたチョコレートさえ売りに出していますが、以前はチョコレートに限らずお菓子類を摂ることは肥満の原因とも言われ、お菓子が余り売れなくなっていた時代もあったくらいですから、隔世の感がありますね。

私は、チョコレートにアンチエイジング効果があると言われ出す前から、チョコレートが大好きでした。1枚50グラムから60グラムの板チョコを、多い日は4枚くらい平気で食べていたのです。チョコレートのおかげか、年より10歳は若く見えるとよく言われます。自分でも、年齢というものを気にしたことがありません。チョコレートのアンチエイジング効果かもしれません。

軽めの散歩も効果あり

坑酸化効果の高い食物の摂取と並んで、長年生活に取り入れてきた、軽めの運動も、体の酸化を抑える働きをしていたような気がします。具体的には散歩です。学生時代は運動部に属し、毎日かなり激しい運動をしていましたが、社会に出てからその機会はありません。

運動不足を自覚し出した頃から、意識的に歩くようにし出したのです。散歩は全身運動ですが、毎日歩いていると、運動をしている感覚はありません。事実、散歩はジョギングなどと比べて、歩いている間も呼吸が浅くなるようなことがありません。それでいて、歩けば疲れますから、夜はぐっすり眠れます。

つまり、体を酸化させることなく、それでいて必要な運動量は確保できていたわけです。このこともアンチエイジングにいい影響を与えてくれました。学生時代ほどではなくても、社会に出てからも相応に激しい運動を続ける人たちが、意外に早く老け込むのは、運動によって体が酸化するからではないでしょうか。

私のアンチエイジング効果は、臆面もない自己肯定に思われるかもしれませんが、現在40代を迎えた自分の体が若さを証明しています。

投稿者:美容ライターroom
記事の概要:チョコレートと散歩で10歳は若返る