コレステロールをコントロールする1番のおすすめは「アブラナ科」の野菜です

コレステロール不足が肌トラブルを引き起こす?!

コレステロールはアンチエイジングに重要な役割を果たすものです。コレステロールは身体にとって重要な存在であり、アンチエイジングだけでなく健康を維持するためにも大切な存在であります。肌の細胞膜を構成するのもコレステロールが必要であり、これが不足してしまうと健康的な肌にすることはできません。また、女性ホルモンや男性ホルモン、ストレスを緩和してくれる抗ストレスホルモンもコレステロールから構成されています。

なので、コレステロールは高くても身体に悪影響を与えるのはもちろん、低すぎてしまってコレステロール不足になってしまうのも身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。コレステロールがある程度身体にないと、肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

コレステロールをコントロールするためには…

ですが、コレステロールを多いものを沢山食べてしまうと増えすぎてしまうので、コレステロールをコントロールするのはなかなか難しいです。アンチエイジング効果を上げるために、コレステロールを摂取し摂取量を超えないようにすることが大切なポイントであり、コレステロール数値の高い食材を食べ過ぎないように、栄養バランスが偏らないような食生活へと変えていくことで、コレステロールを増やしすぎず、うまくコントロール出来ると言えます。

日頃から野菜、果物、豆類、魚、お肉といった食材をバランスよく摂取して、身体もウォーキングんど出来る範囲で毎日続けることができる運動を取り入れて体調を整え、ストレスを溜め込み過ぎないように自分なりのリラックス方法を見つけることが、コレステロールを過剰に増やさない、減らさないために大切なことと言えます。

具体的な食材で言うと、キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜に含まれているSMCSという天然アミノ酸には、身体や肌に悪影響を与えてしまうコレステロールの値を下げる作用があり、コレステロールをコントールするにはもってこいの食材と言えます。

コレステロールが多く含まれている食材を偏って食べ過ぎてしまうスタイルが続いてしまったり、運動不足だったり、ストレスが発散できない状態であった場合に、身体や肌に悪いコレステロールがどんどん蓄積されて、増えてしまいます。結果、過剰になってしまうのでコレステロールは悪いものというイメージがついてしまっていますが、コレステロールは全てが悪いものではなく、肌のコンディションを守ってくれる役割もあるので、適度に摂取することでアンチエイジング効果も高めてくれると言えます。

コレステロールを抑制してくれる食材を意識して食べたり、運動やストレス発散をうまく行うことでアンチエイジングにつなげてくれます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:適度なコレステロールは肌に効果的