抗酸化生活5つのポイントでアンチエイジング効果がアップ!

生活習慣病防止のキーワードは「活性酸素を増やさない」

アンチエイジング効果を高めるのに、生活習慣病を防止することが有効です。生活習慣病を引き起こしてしまう原因として、肌の老化を促進させる要因となる活性酸素が挙げられます。活性酸素が増えてしまうことで生活習慣病にかかるリスクを高めてしまいます。

体内で活性酸素が増加すると、細胞を酸化させ、血管や内臓などに悪影響を与えてしまいます。これは、生活習慣病を引き起こしてしまうことにもつながってしまうので、活性酸素が増えてしまうと生活習慣病になるリスクも高くします。アンチエイジング効果を高めるには活性酸素を増やさないようにすることがポイントと言えます。

活性酸素が増えてしまうと、肌のシミやシワが増えてしまうといった肌老化を起こしやすい状態になります。活性酸素が厄介なのは、他の物質を酸化させる力が非常に強い酸素であることです。活性酸素は殺菌力が高く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をもちます。ところが、活性酸素が増えすぎてしまうと、正常な細胞や遺伝子を攻撃してしまい、酸化させてしまいます。それが肌にとって悪影響を及ぼし、肌老化につなげてしまうのです。

抗酸化生活のポイントは?

活性酸素を増やさず、生活習慣病のリスクを減らしえアンチエイジング効果を高めるには「抗酸化生活」を意識することです。肌荒れやシミが目立ってしまうといった症状が出てしまったら、活性酸素を減らす生活習慣を取り入れます。

  1. タバコを減らす
    タバコの煙には活性酸素やその発生を助長してしまう有害物質が数多く含まれており、生活習慣病を引き起こしやすくし、肌にも悪影響を与えます。
  2. アルコールを摂り過ぎない
    肝臓がアルコールを分解するときにも活性酸素が発生します。アルコールの摂取量が多くなると生活習慣病のリスクを高めるだけでなく、肌老化を促進させてしまいます。
  3. 紫外線をさける
    皮膚細胞の活性酸素を抑えることに特に働きます。
    シミやシワの原因となる紫外線を抑えることは、アンチエイジング効果を高めるのに大切なことです。
  4. 軽めの運動やストレスを溜めない
    生活習慣のリスクを抑え、肌老化を抑えて、アンチエイジング効果へとつなげます。

よって、アンチエイジング効果を高めるために抗酸化生活を普段から習慣づけておくことで活性酸素を減らし、生活習慣病の危険性を下げておくことがアンチエイジング効果を上げることにもつながるため、生活習慣病とアンチエイジングは密接に関係していると言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:活性酸素を抑えアンチエイジング効果アップ