洗顔後10分以内に肌へ保湿開始!

保湿には「多いかな」くらいが適量です

アンチエイジング効果を高めるには「保湿」が重要です。保湿をきちんとされていないと、紫外線のダメージを受けやすくなってしまったり、乾燥しやすくなったり、シミやシワ、肌のハリの低下、たるみ、毛穴の開きといったさまざまな肌トラブルを引き起こしやすくしてしまいます。

肌が保湿されている状態と言うのは、油分と水分のバランスが整っている状態のことです。保湿が十分にされていて潤っているだけでなく、その潤いが逃げない肌状態であることが、美しい肌を維持するために必要なことです。なので、水分補給だけしても油分補給だけでも肌にとっては良くなく、化粧水と乳液の基本ケアで肌の角質バランスを整えて、環境に左右されず、乾燥しにくい肌作りを心がけることが潤いのある肌を作ってくれるのです。

何となく化粧水と乳液をパパっとつけて終わりにしてしまうのは、肌をきちんと潤っている状態になっているとは言えません。潤っている肌状態を作るポイントは、洗顔後10分以内にできるだけ早く「多いかな」と感じる量を肌に乗せて、ハンドプレスで肌に化粧水や乳液をしっかり浸透させます。コットンを使うと、より肌に均一に化粧水や乳液に含まれている美容成分を届けてくれます。

化粧水や乳液をケチってしまっては、せっかくの化粧品の有効成分を十分に活かすことができず、保湿が足りない肌となり、化粧水や乳液でケアをしても肌トラブルを起こしやすい肌質にしてしまうのです。

それでも保湿が足らないときは…

化粧水や乳液をつけていても肌が潤わないといった場合、乾燥が進んでしまい、肌が砂漠状態になってしまっていることが原因です。潤いが作れず、潤いを溜め込む力が弱く、皮脂膜がもろくどんなに潤い成分を与えてもすぐに逃げてしまう状態が肌の乾燥へと呼んでしまいます。化粧水や乳液をしっかり肌に浸透させても、保湿効果がうまく得られないといった場合は、肌の保護効果が高いクリームをプラスすると潤いをより与えてくれます。

クリームと言うと重たかったり、べたつくといったイメージがあり敬遠されやすいアイテムですが、保護効果は高いが伸びが良く使いやすいクリームも増えていますので、ライトに使えるテクスチャーのクリームを取り入れれば、より肌の保湿効果を高め、乾燥を改善してくれます。

アンチエイジング効果を高めるのに保湿が重要であり、肌を乾燥させないこと、潤いをキャッチして放さないような肌質へと変えていくことで、乾燥によるさまざまな肌トラブルを防止し、年齢を重ねても美しい肌を維持できることにつながります。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:化粧水、乳液、クリームの保湿で効果アップ