10分煮るだけで、「玉ねぎのお茶」出来上がり!

玉ねぎに含まれる素敵な効果

アンチエイジングに効果的な食べ物として「玉ねぎ」が挙げられます。玉ねぎは血液をサラサラにしてくれる効果があることで有名ですが、アンチエイジング効果を高めてくれる食材として注目されています。玉ねぎにアンチエイジング効果がある理由として、玉ねぎに含まれている成分にあります。

玉ねぎのアンチエイジング効果に良い成分として「ケルセチン」が挙げられます。ケルセチンは抗酸化作用があり、健康にも美容にもアンチエイジングの強い味方となってくれます。血中の活性酸素を除去し、血流を良くして血管を強くしてくれます。活性酸素はアンチエイジング効果を邪魔してしまうものなので、これを除去してくれる効果は肌を若々しく保ち、肌トラブルを起こしにくくしてくれます。

ケルセチンだけでなく、抗酸化作用が強い成分として「アリシン」も含まれています。なので、玉ねぎにはケルセチンやアリシンといったアンチエイジング効果が期待できる成分が含まれているので、肌の老化を抑制し、肌のコンディションを上げてくれます。

玉ねぎは血管の老化を防いで血流を促し、代謝を上げることで肌に良い影響を与えてくれることが分かります。さらにビタミンAやBが含まれていることから、肌の老化予防やアンチエイジング効果もより期待できると言えます。

玉ねぎの皮は捨てないで!!

玉ねぎのアンチエイジング効果はに多く含まれています。皮は料理に玉ねぎを使う際は何気なく捨ててしまっているものですが、実は玉ねぎの皮は食べることができるのです。玉ねぎの皮の茶色い色素にケルセチンが豊富に含まれていて、普段食べている玉ねぎの白い部分の30倍ものケルセチンが含まれているとも言われています。

玉ねぎの皮はどうやって食べることができるのか、効率よくアンチエイジングに効果の高い成分を摂取する食べ方として「玉ねぎの皮をお茶として飲む方法」です。

  1. 玉ねぎ3つ分の皮を洗って乾燥させておく。
  2. 500mlの水を沸騰させて玉ねぎの皮を入れる。
  3. 10分煮て、お茶として薄めて飲む。

そのままだと飲みにくいといった場合は、ハチミツやショウガを入れると飲みやすくなります。お茶として飲むだけでなく、料理のダシとして使ったり、味噌汁やスープに活用しても美味しく頂けるので、作っておくと料理の幅も広がり便利です。

玉ねぎの皮を粉末にするのも、アンチエイジングに効果的な成分を摂取することができます。玉ねぎの皮を綺麗に洗って、トースターなどで乾燥させ完全に水分を飛ばしてフードプロセッサーで粉末にします。これは調味料として粉末だしと混ぜて使うことで風味が良くなり、こちらも料理に活用できます。

玉ねぎの皮部分にアンチエイジングに効果的な成分が多く含まれているので、それを料理に活用することで、毎日の食事に摂り入れやすくなり、アンチエイジング効果をアップさせてくれます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:玉ねぎの皮はアンチエイジング効果が高い