アラフォー女子注目?!朝晩2回の「ながら体操」始めませんか

毎日続けるのは、正直面倒…

アラフォー女子にとっては日々のアンチエイジングは欠かせないもの。顔、二の腕、お腹、お尻、太もものたるみ・・・。20代や30代前半の頃と比べ目に見えて衰え始め、ふと鏡を見た時に「こんなものはなかった!!」と驚かされることがしばしば。そしてその時は何かをしなくては!と思いつつ、私は結構ずぼら。「これやるぞ!」と思っていてもなかなか続かなったり、続けていても急にパタッとやめてしまったり(要するに飽きっぽい)。

そんな人は私だけではないハズ!なので今回は自分が行った簡単なアンチエイジング方をご紹介します。

 歯磨きタイムを利用して

みなさんは歯磨きや洗顔まではどんな風にされていますか?普通に歯磨きして洗顔ですか?・・・それはもったいない!!

歯磨きしているときは【お尻や太もも】、洗顔後のスキンケアでは【顔のたるみ】、スキンケア後は【二の腕やお腹】のケアもできてしまうのです!

歯磨きの時間って3~10分だと思いますが、その時間を使って足の上げ下げやスクワットで【お尻や太もも】を鍛えたりできますし、洗顔後のスキンケアは鏡を見てすると思いますが、意識して笑ったり動かさないと、すぐにたるみが生じてくる頬骨あたりのお肉は、口を大きくゆっくり「いー」「うー」「おー」としながら化粧水や美容液を塗りこんでいけば、ほら!これでスキンケアをしながら【顔のたるみ】防止の体操になりました。顔がジワジワと温かくなってきて筋肉が動いていることを実感できます。(ただ美容液など塗り込むものがなくなったら口の運動のみを繰り返して無駄な肌の摩擦は避けましょう。)

 洗顔後のフェイスタオルも利用

また、洗顔後にはフェイスタオルを使うと思いますが、それを使って簡単ストレッチもできます。

まず、足を肩幅に開きタオルをたるませないように両端を持って、頭の後ろで腕を上げ下げすると肩甲骨や【二の腕】の運動になります。そして疲れてきたら(笑)、両手を前にして同じくタオルをたるませないようにしつつ、手を左右に体ごとひねれば【お腹】や腰回りに効く運動に!ちなみに、肩甲骨まわりをほぐしていけば姿勢も正され美しいボディラインを作ることも期待できるとか。

ということで、歯磨きや洗顔、スキンケアは少なくても朝晩やることなので、これで2回体操ができますね。毎日これをやるではなく、『毎日やることに少しプラスする』。これだけでやらないよりは5年後10年後の自分の姿は違うハズ。

みなさんもぜひお試しください!

投稿者:美容ライター瑠璃
記事の概要:日頃の運動について簡単な紹介です。