かぼちゃに含まれる3つのビタミンは美肌効果抜群!

かぼちゃには抗酸化作用が高いビタミンA、C、Eが含まれています

かぼちゃはアンチエイジング効果が期待できます。かぼちゃはカロリーが高い野菜なので太りやすいといったイメージもありますが、食べ方を工夫することで、アンチエイジング効果を得ることができます。かぼちゃにはビタミンが豊富に含まれています。このビタミンは肌の皮膚や粘膜を保護し、肌荒れを防ぎ、美肌づくりへと役立ててくれます。

かぼちゃの黄色い色素であるβカロテンは体内でビタミンAに代わり、肌トラブルに負けない丈夫な肌質へと改善する手助けをしてくれるビタミンです。ビタミンCは美肌に良いと知られているコラーゲンの生成をサポートしてくれます。肌老化が気になるなと感じている肌に必須のビタミンです。ビタミンCにはシミの元になるメラニン色素の生成を防ぐ働きがあり、シミができるのを防いでくれます。若返りのビタミンと呼ばれているビタミンEもかぼちゃに含まれています。年齢を重ねるほどに気になる肌老化に積極的に摂取したいビタミンです。

かぼちゃがアンチエイジング効果に期待できる理由は、ビタミンA、C、Eと言う肌ダメージから守ってくれる抗酸化作用を持つ栄養素が含まれていて、細胞を傷ついてしまうことでシミやシワの元を作りだしてしまうのを防ぐことができるからです。抗酸化作用が高いビタミンA、C、E全てがかぼちゃに含まれているので、かぼちゃを摂取することで肌ダメージから守り、高いアンチエイジング効果につなげてくれるのです。

腸内環境を整えてくれる食物繊維も豊富です

かぼちゃに含まれているビタミンがアンチエイジング効果が高いことが分かりましたが、かぼちゃには腸内環境を整えて美肌へとつなげてくれる食物繊維も含まれています。

食物繊維は便秘解消に役立つ栄養素ですが、お腹の中から身体を綺麗にすることはデトックスにもつながり、美肌効果へと導いてくれます。古い便や老廃物が溜まった腸の中で有害物質が発生します。その有害物質が血管を通して最後は肌から出てきます。それが、ニキビだったり肌荒れといった肌トラブルの元となるのですが、腸内環境を整えて、デトックスさせることで老廃物が体外へと排出する手助けをしてくれるので、肌トラブルを引き起こす原因を減らせます。

おすすめの食べ方は?

かぼちゃのアンチエイジング効果を得る食べ方として、油を使った調理法がおススメです。かぼちゃをオリーブオイルでソテーにすることで栄養の吸収率を高めてくれます。

たんぱく質と一緒に摂取することも栄養の吸収率を高めることにつながります。脂身の少ないロース肉やササミ、鶏の胸肉といったものと一緒に摂ることで肌の新陳代謝をアップさせ、美容効果を高めてくれます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:かぼちゃを食べアンチエイジング効果を得る