40代からできる、2つの簡単老眼対策とは?

あれ…?なんだか見えにくい…⁇

40代に入ってくる時になるのが老眼です。老眼になる年齢は個人差があるようです。

私はずっとデスクワークをやってきたことで、若い頃に近視になってしまいました。一時期は車の運転にはメガネが必要だったのですが、視力回復トレーニングなどにより、かなり視力は改善しました。

 

まずはこれから、お試し!

私も40代ですが、周りの人たちに中には老眼になってきた人も結構います。私は長年のデスクワークと、さらにパソコンワークで目を酷使することが多いため、目の健康対策としてブルーベリーを食べてきました。

最近では年齢のせいか、目が疲れやすくなったこともあり、サプリメントも利用するようになりました。その効果があるのか今のところは、老眼の症状は出ていません。

 

個人差?意識差?

近視の人は老眼になりにくいとも言われていますが、それは一概には言えないのかもしれません。近視の人はもともと近くで物を見る習慣になっているので、老眼がわかりにくいだけなのかもしれません。

それでも細かい文字を読む時、かなり放してみることもなく、今のところは過ごせています。50代になるとさらに老眼人口は増えていくようです。

先日テレビを見ていたら、50代半ばのタレントがまだ老眼になっていないというような話をしていました。やはり老眼は個人差があるのだと思いました。

さらに最近は目の健康を考えた健康食品が多く出回っていて、利用している人も多いようです。健康意識が高まっている分、老眼になりにくくなっているのかもしれません。

特に年齢を重ねても、デスクワークやパソコンワークなどを続ける場合は、やはり目の健康を第一に考える必要があると思います。老眼を予防していくことは、単にアンチエイジング対策だけではないと思います。

老眼になるとやはり生活が不自由になりますし、できないことが増えてしまいます。年のせいとはわかっていても、やはり今までにできるだけ近い生活を送っていきたいものです。

投稿者:美容ライターS&I
記事の概要:一生涯物が良く見える生活をしたい