30代はスキンケア+サプリで徹底アンチエイジング!

トラブルの原因は乾燥肌

30代を過ぎた辺りから、肌の曲がり角を感じてアンチエイジングケアを心がけるようになりました。私が行った対策は、シミやシワ、たるみなどの予防や改善を目的に、毎日のスキンケアの徹底とサプリの使用です。

シミやシワなど肌のドラブルの原因は、ほとんどが乾燥肌からきています。また、年齢と共に肌のターンオーバーが遅れてくるので、肌のお手入れはとても大切になります。

詳しく解説、スキンケア

私が実践した、毎日行うスキンケアのテーマは保湿です。保湿を与えて肌の状態を良くすることで、ターンオーバーが正常になり、古い角質の入れ替わりが期待出来ます。

スキンケアは、洗顔をして化粧水を塗り、乳液や美容液を塗る。この流れが毎日の日課ですが、化粧水や乳液には保湿成分が配合されている商品を選びました。美容液には、保湿成分プラス美白成分が配合されている商品を選び、アンチエイジングケアを意識しました。

洗顔の時は、洗顔料の種類にこだわりを持ち、固形石鹸を使用して洗顔します。固形石鹸だと、毛穴に詰まった古い角質や皮脂、汚れなどを落とせるので、肌の環境を整えるには向いています。また、2週間に1度のペースで、洗顔時にクレイ石鹸を使用してピーリングも行います。

洗顔後は、保湿性の高い化粧水を使い肌に染み込ませ、乳液で保湿成分が飛ばないように蓋をします。次に、美容液を塗りますが、美白や美肌成分が含まれている商品を使用します。

私が使用する商品には、ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸、プラセンタエキスなどの美肌成分が含まれているものです。シミの予防や改善には、メラニンの生成を抑制して改善する成分が必要なので、私が使用している美容液は理想的だと思い購入しました。

これらのスキンケアを、3ヶ月間継続したら肌にハリが出て、乾燥肌も改善されました。効果を実感出来ると、やりがいが出るのでそれ以降も継続しています。

サプリも合わせて、完全対策!

身体の外からのアンチエイジング以外は、ポリフェノールを豊富に含むサプリを使用して、中からもアプローチしました。ポリフェノールには、抗酸化作用があるので細胞の老化を早める、活性酸素の抑制に期待が出来ます。それにより、肌にハリが戻り若返りも期待出来るので、アンチエイジングにはピッタリの成分です。

身体の中と外両方からケアをして、シミやしわ、たるみなどを予防するようにしています。短い期間やるだけだと、効果は実感出来ないのである程度長い目で行うことが、大切だと体験上感じています。

投稿者:美容ライターナッピ―
記事の概要:肌の状態を良くすることが大切