20代からさまざまなほうれい線対策を試してみた結果…

プラセンタ美容液はアンチエイジングケア◎

私は20代後半からさまざまなアンチエイジングケアをしています。これまでにしてきたケアは美容機器、1本1万円程度する美容液など高価なものを使用するものから、日焼けを避ける、寝る時間を早くする、食事に気を付けてお菓子を食べないようにするなどお金のかからないものまで思い出せば数え切れないほどありました。

その中でもいちばん効果を実感しているのは、それほど値段の高くない美容液です。

現在はインターネット上の口コミで見つけたプラセンタを主な成分とした美容液を愛用していて、値段も1000円程度の比較的安い美容液を使用しています。これは主にアイケアをしてくれるものですが、ほうれい線にも使えるということで目元とほうれい線の両方に使用しています。この美容液が効果があると実感した理由としては、使用すると直後からほうれい線が多少目立ちにくく敏感肌の私でも湿疹や刺激を感じることなく使えていることに気づいたからです。

また専業主婦かつ母親になってからはアンチエイジングケアにお金も時間もかけることができなくなったことから、値段が安くて塗るだけの手軽なケアが自分に向いていると感じていました。そのためここ数年ほどは効果のあるアンチエイジングケアアイテムを探してきたのですが、ようやく最近になって費用面の問題も時間の問題も解決してくれそうなアイテムに出会うことができました。

まだまだ、ほうれい線との闘いは続きます

ただし私の今のほうれい線の状態は相当ひどいものなので、プラセンタ美容液を連日使用しても完全にほうれい線は消えるわけではありません。なので現在もほうれい線があることには一応悩んでいる状態ではありますが、今までどの方法を取ってもほうれい線が目立ちにくくなることがなかった分自分としては、少しでも目立たなくなれば効果があるとみなしていて、これが今いちばん気に入っているアンチエイジングケアアイテムといえます。

実は私はほうれい線が20代後半の頃から目立っていて、主にほうれい線のケアをすることがアンチエイジングケアの第一歩だと思ってきました。ただしいろいろアンチエイジングケアをしてきたにも関わらず、ほうれい線はほとんど消えることはなかったので、現在も見た目は実年齢よりもかなり上に間違われることが多いです。そのためほうれい線については美容機器や美容液などアンチエイジングケアだけでは限界があると思って、メイクでほうれい線を隠すことで見た目を若く見せる方法も並行して取っています。

投稿者:主婦tari
記事の概要:プラセンタ美容液でのケアについて