そばに含まれるポリフェノールの1つ「ルチン」の力

栄養価抜群の「そば」

日本食の1つである「そば」は、若さを保つ、老化を予防するアンチエイジング効果が期待できる食べ物です。小腹が空いたときなど立ち食いでもサラッと食べることができるそばですが、血管を若返らせる効果のある栄養素が含まれています。血管は血液と一緒に酸素や栄養を行き渡らせる通路の役割があります。血管が老化してしまうと、酸素や栄養を十分に行き渡らせることができなくなり、肌トラブルを引き起こしたりといった悪影響を与えてしまいます。

そばがなぜ、アンチエイジング効果があるのかと言うと、そばに含まれているポリフェノールの一種である「ルチン」という栄養素が豊富に含まれているからです。血管の弾力性を取り戻してくれ、血圧を下げて、血液の流れをサラサラにしてくれます。ルチンが健康な血管を取り戻してくれ、血管の中を流れる血液の流れをスムーズにしてくれることで肌に良い効果をもたらしてくれることが分かりました。

ルチンだけでなく、そばには肌に良い効果をもたらし、アンチエイジング効果を高めてくれる栄養素が他にも含まれています。

ビタミンB群は、美容効果が高い栄養素として注目されています。特にその中でもビタミンB1やB2には摂取した栄養素を体内へ循環させる働きがあるので、皮膚や肌粘膜などの細胞生成を活発にし、肌を健やかに保ち、美肌を維持するための新陳代謝を促してくれます。

さらに、食物繊維によって腸内環境を整える働きがあります。食物繊維は便秘や下痢を改善しくれる効果がありますが、それらの症状が改善されることで、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの解消にもつながり、アンチエイジング効果へとつなげてくれます。

そばを食べるときの注意点は?

肌に良い栄養素が色々含まれていますが、注意したい点もあります。そばの栄養成分には水溶性のものが多く、栄養を丸ごと摂取するにはそば粉を使った食品がおススメです。茹でたそばを食べるなら、そば湯もいただき、茹で汁に溶け出したそばの栄養分も摂取することがポイントです。また、ビタミンCと一緒に食べることもアンチエイジング効果を得られやすくします。そばに含まれているルチンはビタミンCと相性が良く、そばを食べるときは野菜も一緒に食べるのがおススメです。例えば、ししとうのてんぷらを食べたり、海苔やわかめを食べるといった食べ方も良いです。

老化を防ぎ、美しい肌をいつまでも維持できるようにするためには、エステやスキンケアといった外側のケアだけでなく、血管を若返らせるといった内側からのケアも大切と言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:そばのルチンでアンチエイジング効果を得る