アンチエイジングにおすすめなスパイス3選

アンチエイジングにおすすめなスパイスは…?

アンチエイジングに効果的な食べ物は色々ありますが、特別なレシピも手間のかかる調理の必要もなく、食べるものにササっとかけるだけで、アンチエイジング効果を引き出してくれる「スパイス」を食事に摂り入れるのが効果的です。

  • シナモン

    シナモンは体中にある毛細血管の老化を抑制してくれます。毛細血管は肌や髪を作る細胞に必要な栄養と酸素を届けてくれる役割があります。毛細血管を丈夫に健康に保つことで、肌や髪を作る細胞に栄養と酸素を十分に行き渡らせることができますので、肌の老化の予防につなげてくれます。シナモンは脂肪をつきにくくしてくれ、血糖値を下げると言った健康に良い効果をもたらしてくれます。

    シナモンは粉末やパウダー状になったものをコーヒーやホットミルクに振りかけることでシナモンの良い香りとともに味を引き立ててくれます。

    果物にシナモンをかけるのもおススメです。バナナやりんご、オレンジ、キウイなどと相性が良く、そのまま食べるよりもデザートを食べているような感覚を味わうことができます。ヨーグルトにシナモンをかけるのもおススメな食べ方です。

  • ウコン

    ウコンはカレーに使う食材として使われることが多いです。ウコンに含まれる黄色い色素成分はクルクミンと呼ばれ、強力な抗酸化力と肌の老廃物などの有害物質を排出して解毒してくれる作用、活性酸素で傷ついてしまった肌細胞を修復し回復させる働きもあります。

    一からウコンを使ったカレーを作らなくても、粉末状のウコンをレトルトカレーやカレー味のカップ麺、スナック菓子に振り掛けるだけで、手軽にウコンのアンチエイジング効果につながる成分を摂取することができます。

  • パプリカ

    赤ピーマンを乾燥させて粉末にした「パプリカ」もアンチエイジング効果を得るスパイスとしておススメです。甘みもあり、クセのないスパイスです。パプリカの赤い色素にはカプサンチンというカロテノイドが大量に含まれており、カプサンチンの抗酸化力が肌細胞の老化を防いでくれます。

    また、カプサンチンには含まれている善玉コレステロールを増やす働きがあり、血管の流れを良くしてくれます。血管の流れを良くすることで老廃物が蓄積されにくくするのでアンチエイジング効果につなげてくれます。

    パプリカは香りもクセもないので、肉料理や魚料理、サラダ、スープなどどんな料理にも合わせやすいのが魅力です。

シナモンやウコン、パプリカは手軽に手に入れることが出来るので、料理にアクセントを加える意味でも活用の幅が広がり、こういったスパイスに含まれているアンチエイジング効果によってより肌を健やかに導いてくれます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:シナモン、ウコン、パプリカで肌質アップ