良質な睡眠を目指して。4週間で入れ替わる、肌のターンオーバー

肌の新陳代謝=ターンオーバー

新陳代謝…生きている人間には欠かせない生理作用です。その作用が正しく行われることにより健康が保たれます。前提として美容以前に健康維持が必須であることを憶えていてください。

人の最も表面部分の構成要素である肌。肌は常に体外からのストレスを受けています。風雨や日光はもちろん、温度や湿度も影響します。服に守られているじゃないか?いえ、その服ですらストレスの原因となりうるのです。先ずは摩擦(摩擦がないと服は着れませんが)、更に体質によっては材質も軽視できません、私は化学繊維がダメです(人によります。当然問題がない人も多い)。

その肌の新陳代謝が、ターンオーバーです。肌は4週間単位で入れ替わると言われています。このターンオーバーが促進されるのが実は睡眠時です。

といっても、睡眠時間を単純に延ばすだけでは効果が出ない可能性があります。ターンオーバーのキーとなるのはホルモンの分泌。その分泌は睡眠中に行われるのですが、のべつ幕なしに分泌されるわけではありません。

睡眠について

睡眠には大まかに「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」に別けられます。ホルモンの分泌が活発になるのは、より深い眠りである「ノンレム睡眠」のときです。就寝~3時間、特に22時~2時がゴールデンタイムになります。

しかし、その時間に就寝できない人も沢山おられるでしょう。ではどうすればいいのか?

就寝に入る時間は一定にしましょう。
スタートを決めないとリズムが作れません。上手くリズムが作れなければ時間を変えて試してもいいのですが、一定にしないと問題が有るか無いかも解りません。

良い睡眠のためには就寝前の時間も大切です。
体がリラックスした状態でないと、上手く眠りに入れないものです。リラックスした状態にもっていくには刺激物を摂取を控えること。アルコールやカフェイン刺激物に当たるので、就寝前の多量摂取は抑えた方がよいでしょう。

軽い運動も効果的です。
ただし、就寝直前ではなく、運動によって上がった体温が下がり始めた頃に就寝できるようにしなければなりません。人の特性として、下がり始めの方が眠りに入りやすいのです。ただ、季節や体調次第で風邪などにならないよう注意が必要になります。

リラックスするには心理面も大切です。
体とともに心が落ち着く工夫もしてみてください。リズムよくノンレム睡眠出来れば、肌のターンオーバーで美肌も期待できます。

良質な睡眠で、心身ともにリフレッシュ!

そして、良い睡眠は肌以外の健康にも好影響を及ぼします。日中に受けた種々のダメージの回復に役立ちます。それは精神面も同様です。

上述したように、あらゆる美容は健康という土台の上に成り立ちます。美肌だけでなく、これを機会に睡眠の質の充実について、この記事が参考になれば幸いです。

投稿者:美容ライターare&88
記事の概要:肌は夜に生まれ代わります