5年後そして10年後のために…日焼け対策&目元のケア

アンチエイジング①日焼け対策

アンチエイジングは歳をとってから行うものではなく、若いうちから早めのケアが必要です。

若いうちからどんなケアを行うのが良いのかと言うと、まずは「日焼け対策」です。紫外線はシミを引き起こす原因となります。シミだけでなく、肌の老化を促進してしまい、肌の中のコラーゲンを破壊してしまい肌の弾力を失うことでシワやたるみの原因となります。弾力がなくなりシワが目立ってしまうと肌が垂れ下がり、一気に見た目年齢を上げて老けた印象を与えてしまいます。

そこで、毎日日焼け止めを塗るなどのケアを怠らないことで、肌の老化を遅らせることができ、アンチエイジングにつなげてくれます。日焼け止めは効果が強ければ強いほど、肌への負担も大きくなってしまいます。なので、強いものから弱いものまで色々な強さの日焼け止めをいくつか持っておき、状況に合わせて使い分けることも、日焼け対策のポイントと言えます。

アンチエイジング②目元のシワを改善

老けた印象を最も与えてしまうのは、目元のシワです。目元のシワを改善するために、夜寝る前にアイクリームを目元にしっかり塗って、潤いと目元に必要な栄養分をしっかり与えることでシワを出来にくくし、予防します。目元にシワが出来てしまってからアイクリームを塗っては正直遅すぎます。なので、目元のシワが目立たない年齢から、アイクリームで目元に必要な栄養を与えて、ライトな感じで使用し、目元のケアを習慣化することで、5年後あるいは10年後に大きな違いとなって表れると言えます。

目元は乾燥しやすい部分でありながら、なかなかケアが行き届かない部位でもあります。そうした場所を早い段階からケアすることで、見た目を若く見せてくれ、一番年齢が出てしまう目元のシワを目立たなくしてくれ、なおかつ、アイクリームで目元に潤いを与えることで目元の乾燥を防ぎ、肌質の向上につなげてくれます。

ダブルケアで、より効果的に

アイクリームによる目元のケアと、また、目元に日焼け止めを塗っておくこともアンチエイジング効果を高めてくれます。顔にも塗れる日焼け止めも増えていますので、そうした日焼け止めを使用して、うっかり目元を日焼けしてしまったということがないように、普段のケアで怠りやすくなるところにも日焼け対策をして、日焼け止めを落した後はアイクリームでの目元ケアというようにダブルのケアを行うことで、年齢が出やすい目元のシワやたるみを防止します。

よって、日焼け対策と目元のケアを若いうちから習慣化させることで、年齢を重ねた肌へのダメージを小さくすることにもつなげるので、日頃からの日焼け止めを使い分けて、就寝前のアイクリームで目元ケアをして、寝ている間にしっかりと有効成分を届けることがアンチエイジング効果を高めてくれると言えます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:日焼け止めとアイクリームで肌の老化を防止