1日3セットのベロ回し運動でほうれい線を撃退!

ほうれい線対策には「ベロ回し」?!

見た目を老けさせて見えてしまう一番の原因は「ほうれい線」です。このほうれい線があることで一気に顔が衰えて、老けて見えてしまいます。なので、ほうれい線を無くして、出来にくくすることが見た目を若く見せて、アンチエイジング効果を高めることにつながります。

ほうれい線をなくす対策として「ベロ回し」を取り入れるのが効果的です。ベロ回しは顔のシミやほうれい線を消して、顔全体のゆがみを改善する効果が期待できる舌の体操です。

ベロ回しの方法は、ただ口の中を唇と歯茎の間に沿って、舌をグルグルと回すだけというシンプルな方法です。特別な道具を必要とせず、どこでも手軽にできるので、習慣化にすることで、ほうれい線を撃退する手助けをしてくれます。

  • 舌を回す回数は、右回り20回、左回り20回を1日3セット行います。
  • この時、唇は閉じるようにして行うとよりほうれい線に効果的です。
  • 舌の力に負けて口が開かないように抵抗することがポイントです。

ベロ回しを行うことで、無理に引っ張られている筋肉を正常な位置に戻してくれ、肌にハリを持たせてくれるようになります。顔の表情筋を多く使う運動なので、ベロ回しを続けることで、堅くなりがちな表情を柔らかくしてくれる効果も期待できます。

最初はしんどいけれど…日常生活の習慣として!

ベロ回しは最初とてもしんどいです。舌を動かす機会というのは日常生活の中であまりないので、舌を動かすだけでとても疲れてしまいます。ベロ回しを行うと顎がカクカクと動いてしまうこともあります。これは顔に歪みがある証拠です。最初の1日や2日目は辛いですが、めげずに続けることで顎がカクカクしなくなり、歪みが取れていくのを実感できます。舌の動きの滑らかになっていきます。そうして段々とほうれい線を薄くしてくれます。慣れてくる頃には舌を動かすのが楽になっていき、辛さもなくなります。

お風呂に入った時やパソコン作業の時など気がついたときに手軽についでに行える運動なので、日常生活の習慣として取り入れてしまうことで、アンチエイジングにつなげると良いです。

ほうれい線は仕方が無いものとして諦めていましたが、舌を回すというシンプルな動きを行うだけでほうれい線を徐々に薄くしてくれる効果を実感できたときは、ほうれい線は仕方が無いものではなく改善できるものなのだと知ることができました。ほうれい線を無くすことで、アンチエイジング効果を高めてくれます。肌の見た目を変えてくれ、自分に自信を持たせてくれます。

投稿者:美容ライター猫村
記事の概要:舌を動かしてアンチエイジング効果を上げる