最強の保湿!1日1回「白色ワセリン」

日焼けは肌の老化の大きな原因

もともと若い頃から乾燥肌だった私。冬になると、すねや腕は特に粉をふくくらいカサカサになって痒くなりポリポリ掻くほどでした。ところが、最近では年をとって体の保湿機能が衰え始めたのか、一年中肌の乾燥を感じるようになりました。エアコンや扇風機のついた部屋にいたり、お風呂上りなど、乾燥している場所でよくお肌のツッパリ感を感じるのです。

ある日、ヨガに行って体をほぐしたり伸ばしたりしながらふと自分の肌を見つめてみると、おばあちゃんみたいな肌になっていると気づきとても驚きました。顔に対しては日頃から化粧水やしっとり系の乳液で手入れをしているし、普段から化粧をしているのでそれなりに対応していたのですが、顔以外の肌に対して何もケアをしていませんでした。特に足のかかとのひび割れ具合は衝撃的でした。

私は日焼けしやすい体質なので、日焼け止めを塗ったりと対策をしてもすぐ黒くなってしまうので、夏場の日焼けに関してはあきらめていたところもありました。それがいけなかったのだと思います。日焼けは肌の老化の大きな原因と聞いたので、それ以来、日焼けを極力しないように外に出る時は、上着を羽織ったり、日傘も購入しました。そして、日焼け対策に力を入れて、薄着をすればするほど涼しいのではなくて、日除け対策をすれば涼しいと感じるということに気づきました。

最強の保湿=白色ワセリン

もちろん、日焼け対策をすることで乾燥肌でなくなる訳ではありません。そこで、最強の保湿ということで目を付けたのが子供が赤ちゃんの時に使ってあげていた「白色ワセリン」。無臭無刺激なので、よく子供の乾燥対策で使用していたものです。その余りが残っていたので、試しに使ってみました。

ワセリン自体は硬く塗りにくいですが、お風呂上がりに手の温度で柔らかくなじませてから乾燥で気になる部分(腕、すね、かかと)に塗り込んでみると、始めはベタベタするのが気になりましたが、次の日の体のうるおいが半端なかったのです。これはいいと思って使うようになりました。ワセリンは薬局で数百円で買えるので、使い切ってしまってもすぐに買いに行けば手に入るし、他の使い道もあるので1日1回たっぷり使うようになりました。

おかげで、日焼けしやすい肌に関してはもうどうしようもありませんが、肌に潤いと光沢が出て、自分で言うのもなんですが、前よりも若々しい肌になったと思います。ついつい薄着したい気分になります。(それはアンチエイジングではNGですが。)
お肌って、自分で気づかないうちにたっぷり老化しているんですね。ちゃんと定期的に自分のお肌の状態をチェックして肌の老化を自覚するのが大切だと思いました。

肌の老化の自覚がアンチエイジングの始まりですね。

投稿者:美容ライターkapya
記事の概要:「白色ワセリン」は保湿効果抜群